こちらは在庫があるときだけヤフオク、メルカリに出品しております。
01


1.タイダウンポイントの穴を開口します。
ピンセットなどの細いもので穴をついて中のものを取り除きます。
DSC_0183 (1)

2.デッキ全体をブラックで塗ります。
DSC_0184 (1)
     ↓
DSC_0185 (1)

3.ブラック50%、ホワイト50%のグレーで全体を明るくします。不自然に色が濃くなってもかまいません。むしろ極端な変化をつけておいた方が後で変化を出しやすいです。
DSC_0186

4.パネルラインに黒を乗せます。太目で線の境界はぼやかしてください。
DSC_0187

5.ブラック(希釈5~7倍)を使って調整していきます。エアーブラシを板面から少し離して、塗料を幅広くフワッとのせていくことでブラック(パネルライン部)とグレー(パネル中央部)のコントラストを抑えていきます。また、エアーブラシを板面近くで吹くと黒が濃くのりますので、パネル内部の模様を調整していきます。

DSC_0190
上写真は慌てて作ってたもので・・・もうちょい調整が必要な状態かとおもいます。
納得できるまで繰り返してやってください。

6.タイダウンポイントを塗装します。黒サフ→クレオスMr.メタルカラー・ダークアイアンの順で吹き、綿棒で表面をこすると写真のように奥まったところは黒いままで表面は金属ぽくなるので雰囲気が出ます。
DSC_0193

7.タイダウンポイントを取り付けしたら裏面から木工ボンドを塗ります。
DSC_0138
塗り終わったら表面側から各タイダウンポイントの高さを確認してください。

8.パネルラインをマスキングで作成します。付属のテンプレートをカッターでカットしてガイドに利用します。
DSC_0200

DSC_0202

9.白線分を塗装します。
DSC_0204

10.白線部分が塗り終わって乾いたら、マスキングを追加して黄色線部を上塗ります。
DSC_0205 (1)

乾いたらマスキングをはがします。
DSC_0206

11.路面を汚していきます。エナメル系塗料で茶系、グレー、ブラックなど3色ほどあればよいかと思います。今回は以下を使用しました。

CENTER_0001_BURST20240214172235425_COVER
DSC_0216

塗料を筆で板面に乗せてから
DSC_0210 (1)

ダイソーのメイク用スポンジを使って余分な塗料を吸い取ります。
DSC_0211

各色を使って納得できるまで路面を汚してください。
DSC_0213

DSC_0217

12.フレームに入れて完成です。
DSC_0219


これを参考に、ぜひとも素敵な作品を作成してください♪。